2015年09月05日

2015年9月20日(日)日比谷公会堂集会のお知らせ

こんにちは!戦場体験放映保存の会 中田です。
来る9/20(日)に戦場体験証言集会&シンポジウムを開催します。

千人いれば千人の体験があります。
戦場体験とはきわめて個人的な体験です。
個人の視点で語られる戦場の実態こそが、戦争の実相をもっとも先鋭的に表します。
あの戦争の実相を知らない今の世代が、戦場体験を継承することはどのようにして可能か。
それを皆で考えたいと思います。ぜひお越しください。

---------------------------------------------
第4回 あの戦場体験を語り継ぐ集い
          〜戦後70年の今とこれからを考えるために〜

日時: 2015年9月20日(日)12時開場、13時開始〜17時終了まで
会場: 日比谷公会堂 【入場無料】

現在、保存の会からの情報発信はこちらのサイトで行っておりますのでご確認ください。
---------------------------------------------

◆◆◆第1部  戦場体験証言集会 13時(12時開場)〜15時◆◆◆
平均年齢90歳以上、「語らずに死ねるか!」の元兵士たちが語る

● 勝ち戦は勝った勝ったという気持ちばかりで人を殺しても何とも思わない。悲壮な思いではあったけど、無我夢中。(95歳、ビルマ)

● 大鳳(空母)が突如大爆発。乗員もミイラのように焼けただれ、それでも横付けして戸板を渡し救助に当たった。(88歳、駆逐艦・磯風)

● これから討伐に行くから、焼くな、犯すな、殺すなと言われた。はっきり言って全然守れなかったんじゃないかと思う。(93歳、中国)

● 戦車に飛び込む人間地雷に「賛成」と書いて提出。回答を集めた区隊長は初めてにっこり笑い、全員希望したと。(86歳、陸軍少年飛行兵学校)

● 帰って来たばかりの零戦の下にもぐり、針金で爆弾を縛って、「これが二度と帰らぬ証だ」と少々興奮気味で飛び立って行った。(91歳、偵察員)

● 夜中にパッと立ち上がって、「汽車が出るんですね、家に帰れるんですね」「みそ汁が食べられるんですね、ぼた餅が食べられるんですね」そんな事を言ってバサッと倒れて死んでいく。(86歳、少年兵・シベリア抑留)

◆◆◆第2部 戦後70年シンポジウム 15時20分〜17時終了◆◆◆

小熊英二さん
歴史社会学者、慶應義塾大学教授(歴史社会学・相関社会科学)。「〈民主〉と〈愛国〉−戦後日本のナショナリズムと公共性」、「生きて帰ってきた男」など著書多数。大佛次郎論壇賞、角川財団学芸賞などを受賞。1962年生

川村湊さん
文芸評論家、法政大学国際文化学部教授。著書に「戦後批評論」「戦争はどのように語られてきたか」(共著)、「文芸時評1993-2007」、「戦争の谺 軍国・皇国・神国のゆくえ」など多数。読売文学賞などを受賞。1951年生

栗原俊雄さん
毎日新聞社記者。「シベリア抑留-未完の悲劇」や「遺骨―戦没者三一〇万人の戦後史」など著書多数。2009年「疋田桂一郎賞」を受賞


posted by きぷひす at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに about us | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

移転しました!!

2007.7.1
「戦場体験史料館」設立に伴い
事務所移転しました!

新住所:
〒114-0023
東京都北区滝野川6-82-2
戦場体験放映保存の会

新連絡先:
電話 03−3916−2664
FAX 03−3916−2676
email 
senjyou@notnet.jp(変更なし)


今後の予定: 
戦場体験を記録する「孫」の上映会
     & 戦場体験を語り継ぐ元兵士の証言

2009年8月1日(土) さいたま市民会館うらわ
埼玉チラシ.pdf

  • 映画 
  • 証言
    • 黒田千代吉さん  (84歳、陸軍歩兵・中国)
    • 坂本初枝さん  (80歳、元従軍看護婦)
    • 関利雄さん  (85歳、元隼パイロット)

2009年8月10日(月)〜13日(木) 中野ZERO
中野チラシ.pdf
  • 映画
    • 「語らずに死ねるか」
      (2009年、監督:長尾栄治、製作:潟ニモト)
    • 「戦争の中のこどもたち」
      (1944年、中野区野方国民学校の学童疎開記録映像)
    • 「ラーゲリから帰ったオールドボーイたち」
      (2009年、監督:いしとびたま)
    • 「冬の兵士〜ファルージャ特別編〜」
      (2009年、監督:田保寿一、イラク帰還米兵の証言)
  • 証言
    • 猪熊得郎さん (80歳、特別幹部候補兵・シベリア抑留)
    • 中島裕さん  (83歳、シベリア抑留)
    • 藤原重人さん (84歳、陸軍歩兵・中国)
    • 安部英夫さん (92歳、2.26制圧・徐州作戦・ノモハン・陸軍中野学校・ボルネオ・昭和21年ゲリラ戦終了)
    • 谷口末廣さん (88歳、陸軍歩兵・ミンダナオ島)
    • 安田誠さん  (86歳、陸軍歩兵・ルソン島)

2009年8月15日(土) 横浜開港記念館
  • 映画 
    • 「語らずに死ねるか」
      (2009年、監督:長尾栄治、製作:潟ニモト)
    • 「冬の兵士〜ファルージャ特別編〜」
      (2009年、監督:田保寿一、イラク帰還米兵の証言)
  • 証言
    • 調整中です
posted by たどころ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに about us | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

この3年間に、15万人の証言を

この3年間を集中期間に、15万人の証言を目指しましょう

とてつもない大仕事だ。

保存会では、その収録目標として15万人を掲げている。
それは後述の通り概数789万もの戦場体験者にふさわしい数の証言を必要と考えるからだ。
一定の量は質を顕然させ、戦場の実像を浮かび上がらせる。
1人1人の兵士の体験が貴重な事は言うまでもないが、兵士と戦場の実情は一定の量を集積して更によく見えてくるはずのものだ。
しかも、私たちがこの資料を戦争を知らない後代に残す意味は、歴史としての意味を持つほどのものでなければならない。

 ※15万の理由となった資料はこちら(長〜いです※doc.)
 敗戦時に於ける総兵力/帰還兵/戦没者/現在ご健在の帰還兵(推定)/など
posted by きぷひす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに about us | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守ってきた三つの原則

当初から守ってきた三つの原則があります。
無色・無償・無名です。

三つの原則


 「無色」とは、この運動にいかなる他の目的も持ち込まないという意味です。戦場体験保存運動は戦争のない平和な社会を望むものであることは言うまでもありませんが、私たちはただ戦場体験を掘り起こすこと自体を目的にして運動します。どんな心情を持つ人でも戦場体験を語り集める人ならば共に手を携えて運動の発展に協力します。団体も歓迎です。

 「無償」の原則はもともとボランティアの集まりですから当然です。またそうでなければこの運動は成り立ちません。

 これまでマスコミなどは毎年八月一五日に焦点を合わせて有名人の回顧談などを企画してきましたが、無名の一般兵士・軍属の声は集められませんでした。戦場体験を主眼にして活動する運動はこれまでも他にありません。じつは伝承されるべき戦場体験は一般兵士の中にあります。それが「無名」の意味です。
 無名の意味にはもう一つ、この運動から名を得ることを戒める心得を含みます。

 この三原則の厳格な遵守によって、私たちは運動拡大の経過をえたと言えます。事実、私たちの運動の過程で信条や立場の論争はありましたが、三原則によって克服することが出来ました。
posted by きぷひす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに about us | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

そもそものはじまり「元兵士から元兵士への呼びかけ」


呼びかけ


私たちは、あの大戦から帰還した無名の元兵士です。
突然ですが、ぜひお訴えし、協力をお願いしたいことがあります。

今年、戦後60年を区切りとする行事がさかんに行われます。多くの想いとともに、戦後60年は、同時に、私たちの戦場体験がもうすぐ消えてしまう時期を迎えているのではないか、と気づいたのです。

戦場からの帰還兵は310万人(戦没者210万人)。
現在の健在者は50万〜55万人と推定されています。

80才以上の高齢者、日本中のほんの少数となりました。今こそ私たちの戦場体験を、子や孫や、その先の世代に、残しておかなくてはなりません。あの体験は、私たちでなければ分かりません。僭越ながらそれを話しあった私たちから戦場を知る仲間たちに一人でも多く呼びかけてみようと思い立ちました。

幸いに、戦争体験のない若い世代の人たちが50人ほど、ボランティアとして呼びかけに協力してくれています。そしてインターネット放送局「世論力テレビ」として「戦場体験の証言番組」を放送しています。私たちはこれを永久保存版として「資料館」に収めたいと計画しています。「資料館」に現在の健在者の内、15万人の録画版を収納できれば、後の世代に私たちの時代を考えて貰う大事な歴史になると思うのです。

ぜひ、あの戦争体験を共有する皆様、一人でも多く所在を下記にご連絡ください。お知り合いの兵士の皆様にも呼びかけて下さい。また、この呼びかけをご覧になった若い方々も、老兵士の所在をぜひ連絡下さい。
取材・映像を撮らせていただければ若いボランテイアと一緒に駆け付けます。

念のためですが、私たちは、「無色、無償、無名」を固く申し合わせています。

どんな立場の方も、どんなご意見の方も、ただ、戦場体験を語り継ぐ一点だけで手を繋ぎあい、歴史を正確に遺しておきたいと願っております。

ご健康とご活躍をお祈りいたします。
 

戦場体験放映保存の会 元兵士一同   2005年8月15日

 
ご連絡先:
【FAX】 03−3465−1671
【電話】 03−3465−6066 (10時〜17時 留守電対応あり)
【メール】 senjyou@notnet.jp
【手紙】 〒150ー0047 東京都渋谷区神山町17−1−301 戦場体験放映保存の会
  ※ この呼びかけ文を印刷されたい方はこちら(Word版)
posted by きぷひす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに about us | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。