2009年10月02日

あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い戦場体験証言(9)

hibiya_09.jpg

戦場体験証言(9)
  井口 光雄 さん 
陸軍/1943(昭和18)年12月 学徒召集/ルソン島/歩兵 

ルソン島 行き倒れた水牛の生き血に命を救われる

 
 「米軍ルソン島上陸」の報に、軍の主力は北部ルソンへ移動を開始した。マニラ近郊で陣地構築に従事していた教育隊も、四百キロの道程を十日間で北上するのです。食糧も車輌もなく、夕方出発して夜通し歩き、明け方到着したところで現地民の家へ押入り、田畑を荒らして食べ、そのまま熟睡するのです。
 要領のよい元気者はうまくやるのですが、私などは食べ物が見つからず絶えず飢えており、五日目には宿営地に着いた朝、ついに道端に倒れ、自決しようとしたが、手榴弾は発火させる力も残っていませんでした。
六十キロもある機関銃を背負わされてきた水牛も、酷使に耐えられず、私の近くでバタリと倒れました。即死です。
すると、誰の知恵か、逃げ遅れた現地民を連れて来て、「水牛の頭をやるから解体しろ」と命じたのです。
彼らはまず馬穴をあてがって頚を切り、血液を抜き取りました。お碗に血を掬ってかたわらに倒れていた私に飲めと言うのです。むっとする血潮など飲めるはずもないのに、なぜか無意識に飲み干すとまた注いでくれます。
飯盒を取ってこれにも一杯つめてくれました。
夕方、目が覚めると何となく体が軽い。飯盒を開けてチーズ状になった血液を食べました。
もちろん、あの水牛の肉も仲間が分けてくれ、元気を取戻して目的地へ到着しました。
しかし、この行軍で十数人の仲間が死にました。
私は神の心を持つ現地人に救われたのです。
 二月末、教育隊を卒業して、米軍上陸以来、激戦を続ける旭兵団に配属され、直ちに機関銃小隊長として米軍と銃砲撃戦に突入しました。
このルートからの突進が難しいとみた米軍は、他のルートに迂回、我々もまたその前面に立ちはだかり、戦車を連ねて来る米軍に二度三度と挑みました。
多大なる犠牲をはらいながら、ついに重要拠点バギオ撤退の命が下りました。
我が小隊も半数以上の損害を出して撤退の途中、行き会った曹長が、「赤ん坊を背負った女が山から降りて来て、チラッと我々を見て行った。
これは危ないと、山の反対側へ廻ったら案の定、元の場所がバンバン砲撃された」と話して行きました。
隊長が女を殺させなかったのが不満のようでした。
でも、日本軍は食糧、薬品から兵器さえ補給せず、兵隊だけ七十万人近く送り込みました。
そのフィリピンは食料の四割を輸入に頼っていたのです。
戦争は国土を荒廃させ、人心を荒ませます。
負け戦は悲惨なもの。勝っても碌な事はない。
米国は朝鮮、ベトナム、イラクから今日まで若者を死なせ続けています。
戦争は地獄です。
 


 

Due to the American troops’ landing on the Luzon Island, the Japanese army was forced to move to the north of the island.  We had to march 400km in 10days without any food or vehicles.  One day, after walking all night long, we broke into a house of native people, ate their food, trashed their fields, and slept there.
But with very little food, we were constantly starving.  On the fifth day, I collapsed on the street and decided to commit suicide with a hand grenade; however, even the grenade had no power to explode…
Then, a water buffalo that had been carrying 60kg of weapons died in front of me.  So, we ordered a native person to dismantle the buffalo. He cut its throat, withdrew blood, and gave the blood to me.
When I woke up on the next day, I found myself feeling much better.  I ate buffalo meat and the jelled blood again which kept me going.  More than 10 people had died during this march but I survived, thanks to the sacred native person. 

In the end of February, I was assigned as a platoon leader of the Asahi Corps which was severely fighting with Americans.  The fight against fully armed American troops took a heavy toll of lives…there were less than half soldiers left in my platoon.  And finally, we were ordered to withdraw
Baguio, a strategic foothold. 

During the evacuation, we met one sergeant.  He told us about a native woman with a baby who had reported Americans about a location of the Japanese troops.  The sergeant was upset because his commander didn’t kill her….
 

Back then, the Philippines had relied 40% of food on import, however, Japanese army sent about 700,000 troops to the Philippines without food, medicines, or even weapons.  
 

War causes devastation of countries and desolation of the spirits.
There is no win or lose in war.  After WWII, the United States has been involved in wars of Korea, Vietnam, and Iraq and many precious lives have passed away…  Remember, WAR IS HELL.


posted by サゲ at 23:28| 戦場体験 Witnesses of war(interview logs) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。