2009年10月02日

あの戦場体験を語り継ぐ老若の集い 戦場体験証言(4)

hibiya_04.jpg

戦場体験証言(4)
 山本 晋介 さん 
陸軍/1944(昭和19)年11月20日 現役/中国・北支/歩兵
 
初年兵仲間が自殺 泣きながら肉片を拾い集めた 

 私は大正十四生れの八十四歳です。
昭和十九年十一月二十日、十九歳にて現役兵として独立歩兵第百九十六帯、和歌山歩兵第六十一連隊第九中隊に入営。
約一週間の後、同月二十六日、軍用船にて博多を出発。朝鮮の釜山に上陸。十二月一日北支の石門(現、石家荘)着。石門―太原間の鉄道、石太線の井経に到着。
ただちに初年兵第一期の教育隊にて約三ヶ月昼夜の猛訓練に入る。当地は樹木もない荒涼たる山地原野にて、夜間は狼が出没。零下二十度位に下がる程であり、分遣隊の配備に分哨長以下十七、八名のトーチカ勤務を命ぜられた。
 当面の敵は八路軍及び便衣隊であり、鉄道鉄橋警備であり、日中は討伐、夜間は鉄道巡察、潜伏等、それに衛兵勤務等、全く寝る時間がないような状態が何日も続いた。
このような時に大事件が起きる。私も同じ衛兵勤務。トーチカの望楼にて夜間立哨中、同年兵某が連日寝不足と疲れにより、小銃を足もとに立てかけ、居眠りして、たまたま巡察中の古参兵が小銃を取り上げ衛兵所に来た。
その瞬間、望楼上で爆発があり、望楼上に駆け上がると一面に肉片が飛び散り、目を覆いました。手榴弾を腹に当てた自決であり、前途を悲観したものと断定された。泣きながら戦友の肉片を拾い集めたことを今も鮮明に覚えて居ります。
 この頃より便衣隊等による状況の悪化が激しくなり、特に夜間襲撃が多くなり、他分隊のトーチカが敵の夜襲にて全滅。救援に駆けつけるも間に合わず泣きながら引上げた事もあり、この頃より大隊討伐等たびたびあり、二十キロ三十キロメートルの日夜の行軍が普通でありました。
 八路軍との接近戦闘もしばしばあり、四、五十メートル位の距離における射撃戦はもちろんの事、手榴弾の投げ合い等、最後必ず付け剣による突撃に前へとの号令にて、真先に飛び出すのは我々初年兵であったと記憶しております。
それまで擲弾筒を何発か轟音のもとに発射すれば八路軍はたいてい薬莢をいっぱい残し退却することが多く、我々が常に戦闘に敗れることがないと信じていました。
 八月十五日、日本軍が降伏したとの報になぜ?とまったく理解できなかった。
八月十五日の終戦後も我々は武装解除される事はなく、八路軍等との戦闘が続き、討伐も続き、お名前を忘れましたが、中隊長が戦死された事は忘れません。
終戦後も八路軍と局部的な戦闘が繰り返され、また真夏の暑さとの戦いであったことを今でも忘れることがありません。
 昭和二十一年三月頃から何回か米軍の港湾使役があり、五月四日に佐世保に上陸、除隊。


posted by サゲ at 23:10| 戦場体験 Witnesses of war(interview logs) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。